スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蒼天の拳の小役カウントは無駄だという理論的考察。

どうもこんばんわ、カリスマです。

本日は、蒼天の拳のこやくカウントが無駄であるとの理論的考察をしようと思う。
じゃあいくよ。

とりあえずエヴァたまのベル確率と、蒼天のチェリースイカ合算確率を書く。設定は1と6のものだ。

エヴァたま 1:1/8.40 6:1/7.43 1:1.13
ソウテン  1:1/36.3 6:1/32.14 1:1.13

このように、両者の設定1と6の小役出現比率は1:1.13と共通している。
小役出現比率とは、まあ俺が作った造語なのだが、設定1が1回引く間に、設定6は1.13個引けるっつうものだ。


でだ、理論上どんだけ引けるのかっていう具体的な数値をそれぞれ示すと


エヴァたま 1:1/8.40 6:1/7.43 1:1.13

465G 1:55個 6:62個

ソウテンのケン 1: 1/36.3 6:1/32.14 1:1.13
2000G 1:55個 6:62個

となる。



何が言いたいかというとナ、結論から先に書くぜ。
蒼天で2000Gまわしてチェリースイカが62個落ちました。これぜってー6っていうのは、
エヴァたまで465Gまわしてベルが62個でた。だからこれぜってー6っていうぐらい愚かな行為だということだ。


エヴァの小役判別は、最低2000G、できたら3000Gしないと収束しないとはよく聞くし、5000Gまでベルが6でそっから落ちて7000Gで3になったとかもよくある話だ。

エヴァで2000Gまわした時のベルの信頼度と、8640Gまわした時の蒼天のチェリースイカの信頼度が同程度だから、つまりどんだけカウントするのが無駄な行為であるかというのがわかると思われる。


ちなみにエヴァはベル以外にも、通常時のスイカやチェリー、ビッグ・バケ中の小役、設定差のあるボーナス、はたまたムービー判別まであって、500Gでうすうす感じ、1000~2000Gで高設定だと判別が効くわけだよ。

もしベルだけでエヴァの設定判別をしなきゃならないとして、2000Gまわして設定判断するのと、蒼天を8640Gまわしてチェリースイカだけで判断するのは同じ難易度であるっつうことだ。

もしベルだけでエヴァの設定判別をしなきゃならないとして、465Gまわして設定判断するのと、蒼天を2000Gまわしてチェリースイカだけで判断するのは同じ難易度であるっつうことだ。


むりだろ、つうか間に合わないだろ。


蒼天の6なら、それ以前に出てるだろ。ていうか1で95% 6で113%なんだから、2000Gで-300枚と+780枚で1000枚も出玉が違うんだぜ、体感でわかるだろ。いつもと違うぞって。すぐ高確いくぞ、とか、弱スイカつええぞとか、なんか死合多いなとか。





つまり結論を書くと

蒼天の小役カウントは、信頼を得るに足るサンプル数を集めるのに時間がかかるので、無駄。
むしろ小役に振り回されてぶっ殺される。

だから信頼するな。やることに意味がまったくないとは言わない。2000Gまわしたらそれでもエヴァのベルの465ゲームぐらいの信頼度はあるわけだから。


ただ、ほんんんんっっとに信頼度低いぞ、だからそんなことやるのは無駄だぞ。と、文字を大にして言いたい。



つうわけで、蒼天のカウントは俺はやらん。つうかそもそも打たねえんだけどな、でも打ちたいなあ。


そんな感じです。


おやすみなさい。


にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは

はじめまして。
楽しく、見やすいブログですね。
参考になります。

また来ますね!

【2010/09/01 20:00】URL | ポップ #-[ 編集]

No title

はじめまして。
ぜひ来てください!

【2010/09/03 08:18】URL | 伝 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://denn82.blog45.fc2.com/tb.php/5-b89f78dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。