スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンかけの解析をブラッシュアップしてみた。

こんばんわ、伝です。
今日は稼働をしましたが、それは今度で書きます。



とりいそぎ、リンかけの解析を実戦で使えるようにブラッシュアップしたので、
書きます。




数値は計算ミス等があるかもしれませんので、気をつけて。

また、大事であるor大事でないの判断は私の主観的な意見なので、気をつけて。

あと、私はリンかけを1度しか打ったことのない人間であり、そんな人間が書いてるものなので、気をつけて。




では行きます。

りんかけ攻略の栞




設定 BIG REG 合成 機械割
1 1/362.0 1/704.7 1/239.1 97.35%
2 1/350.4 1/675.6 1/230.7 98.89%
3 1/339.5 1/655.4 1/223.6 101.41%
4 1/329.3 1/630.2 1/216.2 106.04%
5 1/319.6 1/606.8 1/209.3 112%
6 1/312.0 1/590.4 1/204.1 119.22%



設定差無ボーナス
リプレイ重複 各単独角チェリー(強チェリー) 中段チェリー 強ベル
合算:1/993


設定差ありボーナス
スイカ重複 共通チェリー重複 一枚役 単独
設定1:1/315
設定6:1/257 (格差1.2倍) 

ハッピージャグラーのビッグで設定判別をするようなもん。ボーナスあんまかんけーない。





小役確率その1

スカ強チェリー
1:1/3276 6:1/1638
スカ強ベル
1:1/5459 6:1/2730
スカ強チェリー+スカ強ベル
1:1/2047 6:1/1024 (約2倍)



注意:強チェリーは二種類あり、取りこぼすとチャンス目として出現する。
それはチャンス目としてカウントするので、ここでいうスカ強チェリーの出現率はDDT時のもの。
また、ボーナス成立後は強ベルがリーチ目としてでることも、その場合はカウント除外。



小役確率その2

共通チェリー
1:1/62.4 6:1/52.4(1.19倍)
スイカ
1:1/102.4 6:1/83 (1.23倍)
実質的なチャンス目(強チェリーのこぼし目を含む)
1:1/73 6:1/64(1.14倍)

共通チェリー+スイカ
1:1/38.8   6:1/32.1  (1.21倍)
 

かなりの格差(エヴァほどではないが、蒼天より大きい格差)要カウント


チャンス目は払い出しがないし、リーチ目としてでることもあるかもしれないので、カウントしにくい。べつに数えて補足的に使うほうがいいとは思う。






ART中 ハズレ
1 1/27.31
6 1/22.6


シングル(1/11.3)も含めると
1   1/8
6  1/7.5



シングルは上段ベルベルリプかベルベルスイカだったとおもう。うろ覚えです。間違ってたら勘弁。
冷静にきちっとはずれを区別できる人ははずれとシングルを分けて、
よくわかんないって人はいっしょくたでもいーんじゃねーのかな、と思う。




あとは高設定ほど無限ARTいきやすい
ビッグ中なにも引かずにARTいきやすい(不確定情報)
女ビッグ引きやすい(不確定情報)
バケでナビ出やすい(不確定情報)

とのこと。



とりあえず、小役数えて、ARTの入りや伸びを重視する。
んで、補足的にボーナスやART中のはずれって感じでいいと思います。


まあボーナス引かないと死ぬんだけど、ボーナスよりもえぐい設定差がARTにあるはずだと思う。

そのARTの設定差は知らない。


今のところ、わかるのはそれぐらいであります。

小役カウントは結構重要だと思います。






ではでは。おやすみなさい。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ツインエンジェル2の解析のブラッシュアップをいまさらやってみた。

こんばんわ、伝です。

打ってません。打ってない時で日記を書きたいときは、打つかもしれない機種の解析を出していこうと思います。
といっても、現状発表されている解析から、設定判別要素を抜き出し、電卓たたいて数値をまとめるってことをやってるだけですが。

自分用という意味合いが強いので、自分の好きな機種か新台中心にやっていくことになります。
ですが、自分はこれを信じて突っ張る突っ張らないを判断するので、数字は正確です。なんせ俺の金がかかってるからな。必死だよそりゃあ。




ではいきます。ツインエンジェル2です。先に断わっておきますが、愛があふれているためか過去最大の文章量です。気をつけて。



えー設定判別に役立つものを大雑把にいいますと。

第1に特定役からのボーナス
第2にRT中のはずれ

で、微妙にカウントしといたほうがいいもの(めんどくさかったら無視していいと思っているもの)
第1にベル確率
第2にART中の赤帯黒帯。

で、設定判別にほぼ役に立たないものが
第1に全設定共通役からのボーナス
第2に非重複カバン、非重複チェリー、非重複強1枚役出現率



となります。

まずは設定判別に役立つものから見ていきます。
ツイン2には設定差のあるボーナスとないボーナスがあります。
設定差があるボーナスがどんだけ引けたかのカウントは必須です。なぜなら格差がでかいからです。

以上あげていきます。

チェリー+ボーナス
カバン+異色ビッグ
強一枚役+ボーナス
単独ノーマルビッグ


以上の4つが設定差のあるボーナスです。これらの合算が
設定1:1/292 設定4or5:1/221 設定6:1/181 と格差がでかいうえに分母も小さくサンプルも集めやすいので、こればっかりはカウントしましょう。

とりわけチェリー+ボーナスは6はぬきんでて強い
カバン+異色ビッグは格差がでかい
単独NBはほぼ1否定、つうか456濃厚クラスなど、いろいろと設定差がある中に濃淡がありますが、めんどくさいんでいっしょくたにまとめていいと思います。まー僕は単独ノーマルビッグを引いたりカバン異色ビッグ複数回引いたらフルスイングします。4以上と判断がつけば4でも5でも6でも打つからです。6のみ打ちたいとか思いません。そりゃ6打てたら6がいいですが、4でも十分です。だってツインじゃないか。打てる理由が小指の甘皮ほどあればそれでいい。そういう台だろこの台。ただ1ばっか打ってると死んじゃうから高設定を狙うってだけで、金を稼ぎたいならもっといい台いくらでもあるから。なあそうだろう。


脱線しました。戻します。

次にRT中はずれですが
設定1:1/16384 2:1/8192 3:1/4096 4:1/2048 5:1/1024 6:1/512

とまたてきとーに数字作ったな、なあサミーさん。みたいな格差ですんで、1度出たら高設定を疑う。2度以上出たらもうフルスイングでいーんじゃないかと思います。ちなみにART中はずれ出現時は必ずバトルに行くんですか?知りません。単独とはずれの区別はボーナスが入ってるか入ってないかで、ボーナスが入ってたら単独ってことにしといたほうが無難です。


この二つはカウントしておいたほうがいいんじゃないかなと思います。
単独orはずれ目と弱or強一枚目の区別は、こんなサイトのこんな記事をこの時期わざわざ見に来る人はかなりの猛者であると信じていますので、貴方を信じて割愛します。







次に、どうでもいいと思うけど一応カウントしておいたほうがいいものを見てきます。
ベル確率

1:1/11.43
3:1/11.18
5;1/11.1
2:1/11.27
4:1/10.74
6:1/10.4

です。
1or6ならまあわかる。1or4か6って判断には有効かもしれない、だからRT赤帯黒帯と併せて考えたほうがいいんだが、ぶっちゃけ6はボーナスが別格だからそっちではんだんすればいいし。よしんば奇数濃厚だから捨てようとかいう発想だとツイン2で一番楽しい設定5を捨てちゃう可能性が出てしまうので、どうかと思います。まあカウントするんですけど、5を追いかけて1打ってよく死ねるし、4or6濃厚なら捨てるわけにはいかないし。

でRTの赤帯黒帯なんですが、設定1235が25,3%で赤帯選択、46が17%で赤帯選択となっております。
RT30回引いたとして、7.59回と5.1回ですよ。微差だろそんなん。
よっぽど赤帯出すぎorでなさすぎがおこるか、RT100回ぐらい引けばまあ判別できんじゃね?RT100回引いても25,3回と17回の差しかないけれどな。

まあでもカウントします。これら二つを見比べて、1235or46は比較的わかります。ベルと帯がそれぞれ真逆のベクトルで振り切った時はもうどうしようもありません。ベル優先?サンプル数が取りやすいのはベルですけどね。そんなレアケース知らん。だから結局は設定差ありボーナスを最優先で、こいつらはサプリメントってことになるんですよ、ええ。


で、最後にで、設定判別にほぼ役に立たないものが
第1に全設定共通役からのボーナス
第2に非重複カバン、チェリー、強一枚役確率

となっています


設定差のないボーナス
カバン+同色ビッグ
弱一枚役+ボーナス
リプレイ+ボーナス
ベル+ボーナス
単独ハイパービッグ
単独バケ


これらの合算は1/624です。こいつらはいくら引こうが設定がいいというわけではない。よってカウントするときは除いて考えましょう。


そして最後に非重複カバン、チェリー、強一枚役確率ですが、カウントをすることは薦めません。
なぜなら格差が小さいからです

非重複チェリー
1:1/111 4or5:1/106.7 6:1/105.7
非重複カバン
1:1/76 4or5:1/74.1 6:1/73.6
非重複強一枚役
1:1/155 4r5:1/148 6:1/145

となっており分母がでかい割に格差が小さいです。それでも設定差があるからカウントしたほうがいいんですか?そうは思わないな。チェリーやカバンや一枚役が6振り切ってるからぜってー粘んなきゃダメっつう間違った思考に頭が持ってかれると思うので、カウントしないほうがいいと思う。格差が少なく信用できないものはいくらカウントしても信用しないんだから無駄なんだよ理論ですな。

重複しているチェリーやカバンや一枚役は格差がマジでかいのでカウントしたほうがいいです。逆に非重複は格差が小さいんで、それらを混ぜることは意味がない、どころか害悪であると考えます。だから俺はカウントしない。だがするかしないかは自由。それでも格差はあるし、まったく無駄ではないのだから。




以上がツインエンジェル2の解析になります。一応10万ゲーム程度まわしているので、ある程度実践に基づいたものであるはずです。まあ、今更感はありますが、名機であることは変わりないし、まだ使ってる店もあるし、まだ打つ機会はあるので、この解析を書きました。



それではおやすみなさい。


にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


デビルマンの現状の解析をブラッシュアップしてみた。

こんばんは、伝です。
打つこともあろうと思い、デビルマンの現状出てる解析から設定判別要素をピックアップしてみました。

計算した結果、あんまりやくにたたなそうです。先に断っておきます。



ではいきます。



設定差ないボーナス
最終決戦ぞろい
バケ
中段赤七ぞろい

合算:1/642



設定差あるボーナス
中段以外赤七ぞろい
白白赤ぞろい

合算
1:1/482
5:1/404
6:1/370


微差すぎるだろこんなん
2000Gでの理論値
1:4,14回
5:4.95回
6:5.40回


ちなみに前書いたルパンの設定差ありボーナスが
1 1/612.5 6 1/404.5 で、2000G時の理論値

1:3.26個
6:4.94個


うーむ、ルパンよりもあてにならない。やれやれだぜ。
 



ほかに設定差あるのは中段チェリーと一枚役ですが
一枚役はチャンス目として出るんですって、つまり払い出しが無い
そしてリーチ目とチャンス目ってわかんの?俺には区別できる気がしない

厚い小役→チャンス目→リーチ目→チャンス目とかになったらお手上げだろ。ART中ならともかく
だからチャンス目は無視する。戦国無双のベルぐらいだから(多分)んで払い出し無いんだから正確にカウントできねーんだから、無視しようぜ。



で、ちうだんちぇりーに差があるんだが、これはまあまあの差だ。トップ2の強ちぇぐらいの格差だ。判別必須であ・ら・れ・る

1:1/392.4
5:1/322.8
6:1/295.2


まとめてみた、別にカウントしたほうがいいとは思うが。
設定差ありボーナス+中段チェリー

1:1/216
5:1/179
6:1/164

まあ微妙です。が、いまんとここんくらいしか解析が出ていないのでにんともかんとも。


おそらく設定5.6は、判別なんて必要ない感じでどっかーんとメダルが出ることと思いますので、
この判別要素をカウントしつつ、あまりにも設定1を下回ってたらやめる、みたいな補足的要素でつかえばいいんじゃないでしょうか?

つっても、よくまぐれ吹きが起こるらしいので、へたれやめする理由もしくは高設定と信じるに足る理由がほしいその一助としてのカウントだと思います。ようするに、こいつらが出まくったから高設定ってわけでは断じてない。1でも6ぐらい引けちゃえるし、その逆もまたしかり。つうかART機をボーナスまわりのみの数値で設定判別すると財布が吹っ飛ぶってのはトップをねらえ2で痛いほどよく味わったことがあるのですよ、にぱー☆



てなわけで、おやすみなさい。


にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


ルパン・ボーナス当選契機と設定判別を適当に計算してみた

こんにちわ。うみねこで忙しいです。

そんなことはどうでもいい。ルパンの解析があったんで、自己流にブラッシュアップ。
前置きとして、ARTのほうの計算は間違ってるので、気をつけて。
ボーナスは大丈夫です。おれの見た解析が正しければですが。




設定差なしボーナスが
中段チェリー
単チェリー
ニチェ
三チェ

同時当選のボーナス。これは全設定共通で 1/390.1


設定差ありボーナスが
単独ボーナスと
リプレイ
ベル
赤一枚役
蒼一枚役
との同時当選のボーナスこれは
1 1/612.5

6 1/404.5


と、まあまあの差。ただし分母がラブジャグのバケよりでかいので、どうなんだろうなあ、暴れるとは思うがカウント必須ではあると思います。


で、

で、ART初突入率が1で1/442 6で1/274
スーパービッグで必ずARTはいりーの、BIG中の七ぞろいでもはいりーのってことをかんがえて、あとはそれ以外のART初突入率がどんなもんかですが、それはわからねえっす。


ただまあ、すっごい適当な計算になるが、ノーマルビッグ時に三分の一で七がそろうっつう仮定を置くなら
スーパービッグ+ノーマルビッグ×1/3の合算が設定1 1/715  設定6 1/596 なんでそれを引くと


スーパービッグとノーマルビッグ中の七ぞろい以外の初当たりART

1 1/1157


6 1/507


ほんとうにぃ~?ちょっとこの数値は怪しいです。設定一でもも少しパンかパンか入るだろうという気がするので
そもそもART初突入率ってのはART中のゲーム数をのぞかなくちゃいけなかったり、また状態の高低が蒼天のようにあるのでびみょーっちゃびみょーなんですよね

(あとで気がついたんですが、ART中に引くビッグやハイパービッグの分の初当たりを引いとかなきゃいけなかったり、またその分のゲーム数がどんなもんかってのもマジで分からなかったりするんで、はっきりいってカオスですな、だからまあ信じないでください。じゃあ消しとけって話なんですが、自分用に取っておきます。間違っているとはいえ二倍ぐらいの差があるんじゃねとはおもうし、また再計算する時の一助になるかもから。)


だからまああんま参考にならないんですが、通常時よく高確いくとか、体感ARTいつもより入るてきな感じでの判断でいーんじゃないかなあと現状思います。




まー今のところボーナス+野性の勘で判断するしかねーんじゃねーの?と思います。



でわでわ。



にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村



蒼天の拳の小役カウントは無駄だという理論的考察。

どうもこんばんわ、カリスマです。

本日は、蒼天の拳のこやくカウントが無駄であるとの理論的考察をしようと思う。
じゃあいくよ。

とりあえずエヴァたまのベル確率と、蒼天のチェリースイカ合算確率を書く。設定は1と6のものだ。

エヴァたま 1:1/8.40 6:1/7.43 1:1.13
ソウテン  1:1/36.3 6:1/32.14 1:1.13

このように、両者の設定1と6の小役出現比率は1:1.13と共通している。
小役出現比率とは、まあ俺が作った造語なのだが、設定1が1回引く間に、設定6は1.13個引けるっつうものだ。


でだ、理論上どんだけ引けるのかっていう具体的な数値をそれぞれ示すと


エヴァたま 1:1/8.40 6:1/7.43 1:1.13

465G 1:55個 6:62個

ソウテンのケン 1: 1/36.3 6:1/32.14 1:1.13
2000G 1:55個 6:62個

となる。



何が言いたいかというとナ、結論から先に書くぜ。
蒼天で2000Gまわしてチェリースイカが62個落ちました。これぜってー6っていうのは、
エヴァたまで465Gまわしてベルが62個でた。だからこれぜってー6っていうぐらい愚かな行為だということだ。


エヴァの小役判別は、最低2000G、できたら3000Gしないと収束しないとはよく聞くし、5000Gまでベルが6でそっから落ちて7000Gで3になったとかもよくある話だ。

エヴァで2000Gまわした時のベルの信頼度と、8640Gまわした時の蒼天のチェリースイカの信頼度が同程度だから、つまりどんだけカウントするのが無駄な行為であるかというのがわかると思われる。


ちなみにエヴァはベル以外にも、通常時のスイカやチェリー、ビッグ・バケ中の小役、設定差のあるボーナス、はたまたムービー判別まであって、500Gでうすうす感じ、1000~2000Gで高設定だと判別が効くわけだよ。

もしベルだけでエヴァの設定判別をしなきゃならないとして、2000Gまわして設定判断するのと、蒼天を8640Gまわしてチェリースイカだけで判断するのは同じ難易度であるっつうことだ。

もしベルだけでエヴァの設定判別をしなきゃならないとして、465Gまわして設定判断するのと、蒼天を2000Gまわしてチェリースイカだけで判断するのは同じ難易度であるっつうことだ。


むりだろ、つうか間に合わないだろ。


蒼天の6なら、それ以前に出てるだろ。ていうか1で95% 6で113%なんだから、2000Gで-300枚と+780枚で1000枚も出玉が違うんだぜ、体感でわかるだろ。いつもと違うぞって。すぐ高確いくぞ、とか、弱スイカつええぞとか、なんか死合多いなとか。





つまり結論を書くと

蒼天の小役カウントは、信頼を得るに足るサンプル数を集めるのに時間がかかるので、無駄。
むしろ小役に振り回されてぶっ殺される。

だから信頼するな。やることに意味がまったくないとは言わない。2000Gまわしたらそれでもエヴァのベルの465ゲームぐらいの信頼度はあるわけだから。


ただ、ほんんんんっっとに信頼度低いぞ、だからそんなことやるのは無駄だぞ。と、文字を大にして言いたい。



つうわけで、蒼天のカウントは俺はやらん。つうかそもそも打たねえんだけどな、でも打ちたいなあ。


そんな感じです。


おやすみなさい。


にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。